読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

【ワンオク×ミスチル】横浜アリーナライブの感想とモッシュ・サークル禁止について(一部ネタバレあります)

制約下でのライブについて思うこと

 f:id:Fukuneko:20170424212612j:image

 

ONE OK ROCK 2017 "Anbitions" JAPAN TOUR、4/23の横浜アリーナに行ってきました。

ゲストライブがなんとMr.Children

 

Mr.Childrenミスチル)もONE OK ROCK(ワンオク)も大好きなバンドで、チケットは取れなかったのですが粘って最終的に参加することができました。

 

どうしても行きたくて、4/22(土)、23(日)とチケットボードを作って挑みました。

 

f:id:Fukuneko:20170424212404j:image

f:id:Fukuneko:20170424212414j:image

主人と2人で立ってました 

 

土曜日とか小雨が降ってる中3時間くらいずっと立ってて泣きたくなりましたが、23日のチケットを譲ってもらうことができました(定価+手数料よりは高かったけどこちらも納得しているからそこはしょうがない)。

 

そんな苦労して入ったライブでしたが、気になることが。

4月9日の幕張のライブで、ワンオクがちょっとしたニュースになりました。熱中症で倒れて入院したり、ケガ人が出てしまったようです。

まあロックバンドのライブですし多少荒れるもので、これまでも倒れたりケガしたりっていうのはよくあることだったと思うのですが、知名度が上がってきたことでメディアに大きく取り上げられてしまったのかなあという印象でした。

 

ビックリしたのがその先です。

そのライブ以降、つまりこの横浜アリーナ(幕張2日目もかな?)から、「モッシュ、ダイブ、サークル禁止」を全面的に出してきていたのです。

 

サークル・モッシュ見つけ次第公演中断・中止

ライブ開始前には主催者側のSOGO TOKYOさんから直々のアナウンスで

モッシュ、ダイブ、サークルなどの行為を一切禁止とさせていただきます」

と。

しかも2回繰り返す念の押し様。

さらに、

「そのような行為があった場合にはライブを中断・中止とさせていただきます」

とまで。

全員に『連帯責任』という手錠をかけられた気分でした。

 

そんな中始まったライブ。

初めはゲストライブのミスチル!!!

気を取り直して楽しみました。

 

ミスチル出演のきっかけは桜井さんの一言

ワンオクの前にミスチルというのがすごく不思議な気分でした。

この前の東京国際フォーラムも外れたので久しぶりの生ミスチル

演奏は5曲でした。

 

1. Fanfare

2. 擬態

MC

3. Tommorow never knows

4. 跳べ

5. 終わりなき旅

 

MCでミスチルが出るきっかけについて話してくれました。

2016年の渚園のライブを観に行って、後日2人で飲みに行った時桜井さんが酔った勢いで「ゲストライブあるでしょ?あれ、出たいんだよね~」とTakaに言ったそうです。

 

渚園の記録↓

fukuneko.hateblo.jp

 

「断りづらかったんだと思います(笑)」と桜井さん。かわいい。

このふくねこ的夢のコラボのライブは日本一かわいい酔っ払いの一言から始まったようです。

しかもその後泥酔した桜井さんをTakaが家まで送ったとか。ずるい←。

 

桜井さんは渚園のライブでTakaが「ワンオクロックが世界一のバンドだと思ってます」と言ったことに、諸先輩方を前に「言うな!(よくぞ言ってくれるなという意味)」と思ったそうですが、ライブが終わって、彼らが世界一だと認めたとも言っていました。

それ以来ワンオクロックの背中を追い続けていると。

ワンオクとミスチルがつながるイメージがなかったので、桜井さんの口から出る言葉をものすごく新鮮な気持ちで聴いていました。

 

MCについてはこちらが詳しいです↓

daily-traveler.com

 

楽しいけど物足りないとワンオクで初めて思った

終わりなき旅で会場が感動に包まれ、ステージの再セッティング。

30分くらいかかりました。スタンディングだったのでけっこう待ちくたびれました。。。(笑)

 

そして肝心のワンオクのライブです。

ライブ自体はやっぱり良かったし、Takaの歌声や演奏も相変わらず素晴らしかったです。

ただ、何かが足りない。

100%楽しかったかというとYesと言い切れない気がします。

Takaにもっと煽られたかった。

 

ライブ中のサークルやモッシュは決して安全ではないものですが、楽しくてやっている人たちがほとんどだと思います。

そういう曲の時は危ないと思う人は離れるし、入る人は自己責任で混ざってる。巻き込まれてしまう人もいるかもしれませんが、少なくともふくねこがこれまで入ったことのあるスタンディングではうまいこと住み分けができていました。

 

ケガ人を極力出したくない運営側の事情も分かりますが、丸っきし禁止にしてしまうのはどうなんだろうと思いました。

ライブ中もみんな抑えてる感じが伝わってきて、サークル作りたいけどどうしよう、というためらいの雰囲気がありました。

「公演中止」という手錠に縛られていたように思います。

 

他の野外ライブでも倒れる人は倒れるし、ケガする人もいます。

お祭りだってぶつかり合ってケガするし、下手すると亡くなる方もいます。

すべては自己責任だと思うのです。

ケガしてもいいとは思っていません。ケガ人が出たら演者も悲しむでしょうし、一緒に来ている仲間がケガしたら楽しい気持ちで帰れなくなります。

 

ただ、それを防ぐために今回みたいに運営側から圧力をかけられるのは断固反対です。

 

MCでもTakaが「バンドが大きくなりすぎるといろいろな制約が出てくる」と言っていました。

煽りについては「やっぱり我慢できなくて煽っちゃうからさ」とか「ケガすんなよ!」とか抑えてるんだなというのが伝わってきました。

 

サークルのできないCru out。

ただ跳ねて頭を振るだけのThe begginingやMigty long fall。

楽しかったけど、物足りない感がどうしても残ってしまった。

 

言われたとおりサークルもモッシュもしない。自分も含め、日本人の真面目さを感じました。ライブ中止はみんな嫌ですもんね。

でもそのせいでライブを心から楽しめなくなっている現状もあって、運営側のやり方は違うと思う。

 

曲が終わって、おとなしい我々を目の前にしてTakaの表情が残念そうに見えたのは気のせいでしょうか。おそらくもっと複雑な心境だったんだと思いますが。

 

アンコールラスト1曲。完全感覚Dreamer。

ここでみんなが待っていた一言をTakaが言ってくれました。

 

「お前らここからは好きにしろ!!!」

 

一気にサークルとモッシュが始まった(笑)

 

程よい距離で混ざってきました。終わった後のみんなの解き放たれた顔が清々しかったです!楽しかった!

 

今後のライブもサークルやモッシュが厳格に禁止されるのでしょうか。

ライブは自己責任だし、過保護な運営は行き過ぎだと思います。

この先そんなことが続かないことを願います。

 

会場やツイッターで見た情報

・サークルやりにくいようにスタンディングゾーン内に変な柵があった

・サークルできてもセキュリティがすぐ壊しに来た

・ヘドバンもやりすぎるとマークされる

・最後の完全感覚Dreamerではセキュリティもモッシュされてた(笑)

 

おまけ

・MCのときTomoyaサンシャイン池崎さんの真似して「空前絶後のー!!」までやった(笑)。一度やってみたかったそうです。

・TakaのMCで煽りを我慢できないと言っていたところで、「我慢できないからロックバンドやってんですよ。我慢できたらサラリーマンしてますよ。俺絶対上司に死ね!とか言っちゃうもん(笑)」「あー…ありがとうお父さんお母さん(笑)」と天を見て言ってたのが今回のMC1番のツボでした(笑)。

 

・ワンオクのセトリはさいアリと一緒でした↓

fukuneko.hateblo.jp

 

・必死でチケット探してチケット詐欺に遭いかけました・・・↓

fukuneko.hateblo.jp

 

【平戸の魅力】日本最西端の駅からレンタサイクルで巡る田平教会群

f:id:Fukuneko:20170423130231j:image

赤レンガ造りの田平天主堂

 

3日目はレンタサイクルで平戸を巡りました。

平戸は「教会群を世界遺産に!」という声も上がっていますが、行ってみて納得しました。

 

《この日の動き》

電車でたびら平戸口→レンタサイクルで平戸大橋平戸市内散策(教会巡り・ザビエル)→生月大橋目指すも断念→田平天主堂→自転車返して帰宅→お墓参り→姪甥と遊ぶ→ちゃんぽん

 

日本最西端の駅へ

f:id:Fukuneko:20170423130938j:image

松浦鉄道たびら平戸口

 

数年前からずっと平戸の教会巡りをしたいと思っていました。

今回母の実家のある佐世保(の近く)に行く機会があり、その機にレンタサイクルで行くことができました。

 

f:id:Fukuneko:20170423131100j:image

あらゆるスポットで撮ってくれた(笑)

 

平戸への最寄り駅は「たびら平戸口」です。

ここは日本の1番西に交通鉄道としての「日本最西端の駅」なのです。

 

レンタサイクルもたびら平戸口の駅で借りられます。

料金は1日500円(AM9:00〜PM6:00 ※現時点の情報)です。

 

駅員のお姉さんが色々教えてくれて、駅のあちこちで写真を撮ってくれました。

帽子もかぶせてくれました。いい年してすみません。

 

f:id:Fukuneko:20170423131513j:image

ここでも

 

f:id:Fukuneko:20170423131520j:image

ここでも(ポーズ指定された 笑)

 

全力で「日本最西端」を推してます(笑)。
あと、日本最西端の駅到達の証明書もこちらで発行してもらえます(200円)。

 

写真奥に見える「鉄道博物館」では、JR松浦線の資料が見れます。

 

f:id:Fukuneko:20170423131655j:image

今はなきJR松浦線

 

f:id:Fukuneko:20170423131702j:image

当時の機器設備類

 

駅にはJR松浦線時代の制服や設備が展示されていて、密かな鉄道好きのふくねこにはワクワクと胸高まるスポットでした。

 

JR松浦線はなくなってしまいましたが、今は松浦鉄道(通称MR)が引き継いでいます。

 

平戸大橋を渡り平戸市内へ

f:id:Fukuneko:20170423132358j:image

665mの朱色の吊り橋

 

平戸島に渡る電車はないので、平戸大橋という橋を渡って行きます。

 

自転車超気持ちいい!
しかも電動アシストなので登りも立ちこぎ要らずなのです。

 

f:id:Fukuneko:20170423132428j:image

ちゃんと歩道があって安心

 

橋には歩道があるのですが、渡ってからしばらく車道のはじっこを走る感じになるので自転車で行く方は車に気を付けてください。


平戸城昨日行ったので、城下町を中心に回りました。

平戸市内も素敵な史跡がたくさんあり、見どころたっぷりでした。

 

オランダ商館跡

f:id:Fukuneko:20170423132711j:image

左側寄り 

 

港の近くにある白壁の洋館。

東インド会社が設立された数年後、家康が許可して建設されました。

一度取り壊されたので復元です。

 

f:id:Fukuneko:20170423132719j:image 

右側寄り

 

入館料は300円です。

大航海時代の地図や航海用具、日用品などの展示もあり、歴史が感じられる場所です。 

 

hirado-shoukan.jp

 

オランダ塀

f:id:Fukuneko:20170423132737j:image

当時のまま残る塀

 

オランダ商館の周りには、当時の面影を思わせる建造物が他にも残っています。

そのひとつが「オランダ塀」です。

オランダ商館を市街地の目から隠すために造られたそうです。

 

他にもオランダ井戸やオランダ埠頭など当時の史跡が残っていて、レンタサイクルで巡りました。

細かい道が多い平戸はレンタサイクルが便利でした。

 

www.hirado-net.com

 

寺院と教会の見える風景(平戸ザビエル記念教会/旧聖フランシスコザビエル記念教会)

f:id:Fukuneko:20170423132757j:image

寺院と教会が重なる独特の光景 

 

平戸の名所のひとつがこの風景です。

お寺と教会が一緒に見えるのはあまりないそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170423132825j:image

美しいゴシック建築

 

f:id:Fukuneko:20170423132838j:image

日本であることを一瞬忘れる

 

同じくレンタサイクルで回ってた同年代くらいの方と行く先々で会い、気付けば顔見知りになっていました。

その方は岡山から来てレンタカーとレンタサイクルで回っているとのことでした。

 

f:id:Fukuneko:20170423132907j:image

お墓と教会

 
寺院と教会の見える風景のところでお互い写真を撮り合ったのですが、こちらのはなぜか撮れていませんでした。

確認大事です。。。

 

f:id:Fukuneko:20170423132926j:image

好きな風景

 

寺院と教会、という組み合わせが不思議なこの風景。文明開化後の当時の空気を遠くに感じた気がします。

 

www.nagasaki-tabinet.com

 

教会以外にも立ち寄りスポットがたくさん

f:id:Fukuneko:20170423132916j:image

足湯でほっこり

 

平戸市内には教会以外にも小さな見どころがたくさんあります。

そのひとつがこの足湯です。

小さな町なので、市内のメイン通りの散策をしていたら見つけられると思います。

 

タオルを持っていなかったのですが、レンタサイクルを借りたとき「足湯に入るといいですよ」とタオルを貸してくれたのです。

 

おかげさまでゆっくり足を休められました。極楽極楽。

 

f:id:Fukuneko:20170423132939j:image

六角井戸。唐や倭寇に関する遺跡のよう

 

f:id:Fukuneko:20170423132948j:image

左下の自転車がMy相棒

 

他にも珍しい形の井戸や見上げる大きさの「大ソテツ」など。

井戸が個人的にお気に入りです。

 

田平天主堂重要文化財) 

f:id:Fukuneko:20170423133005j:image

厳かな雰囲気 

 

田平天主堂は平戸ではありませんが、こちらもどうしても訪れたい場所でしたので、たびら平戸口までは遠回りになりますが行ってきました。

 

f:id:Fukuneko:20170423133015j:image

マリア様の像に心がきゅっとなる

 

田平の教会は本当に感動しました。うまく言葉で表せませんが、「聖なる」って言葉がぴったり。

1人静かに懺悔しました。

 

教会は見学できない時間帯などもあるので、事前にチェックしたり予約しておくのが安心です。

kyoukaigun.jp

 

例の岡山の男性が行くと行っていた生月(いくつき)島に私も行くつもりだったけど、往復32kmでしかも山道なので、帰りまでバッテリーがもつか不安でやめました。

千里ヶ浜辺りまでは行ったのですが、立ち止まって悩んで引き返しました。

 

でも帰って正解でした。帰り道、ぐんぐんバッテリーが減っていきました。引き返す勇気。

合計5時間くらい自転車をこいでいました。

返却時のバッテリーは残り1/4。もう少し走れたかな。


母の実家に帰ってからお墓参り行き、姪っこ甥っこと遊んでおばちゃん特製ちゃんぽん食べてお風呂入って布団に入ったのが22時過ぎでした。健康的。

 

一日では回り切れない場所もあったので、今度はゆっくりと回りたいなあと思います。

【佐世保の魅力】ヒカリの佐世保バーガーと九十九島水族館海きらら

f:id:Fukuneko:20170423122500j:image

祖母邸のななちゃん

 

佐世保と言えば佐世保バーガー。近隣には水族館や平戸城という史跡もあります。

そんな佐世保近辺の隠れ(?)スポットのご紹介です。

 

《この日の動き》

ななちゃん散歩→酒蔵で試飲→佐世保バーガー九十九島水族館海きらら→平戸城→ななちゃん散歩

 

江迎の酒蔵で隠れた銘酒を

近所に江迎本陣という酒蔵(?)があります。

ななちゃんのお散歩がてら朝っぱらからですが試飲してきました。

梅酒が飲みやすく美味しかったです。

お酒好きさんはぜひ!

 

公式ホームページ

www.sake-honjin.com

 

九十九島水族館 海きらら

f:id:Fukuneko:20170423120801j:image

加工なしでこの美しさ

 

水族館があるのをパンフレットで見つけ、姪っこちゃんもオススメとのことで一緒に行ってきました。

 

f:id:Fukuneko:20170423120828j:image

珍クラゲ展示(期間限定だったかも)

 

海きららではウミガメやイルカの他クラゲにも力を入れていて、新種のクラゲやら世界でここだけでしか見られないクラゲが居たりと、何気に貴重な生き物の多い水族館です。

 

f:id:Fukuneko:20170423120845j:image

近くに来たら寄ってね

 

展示はちょこちょこ変わるようですので、リアルタイムの展示情報は公式ホームページからチェックしてみてくださいね。

海きらら | 長崎県佐世保市の水族館

 

佐世保バーガーの老舗ヒカリ

f:id:Fukuneko:20170423121046j:image

看板がでかい

 

佐世保(の近く)に住むおじちゃんがおすすめの佐世保バーガーのお店「ヒカリ」に連れていってくれました。

 

f:id:Fukuneko:20170423121250j:image

車で撮ったらブレてしまった

 

ヒカリの佐世保バーガーはマヨネーズが甘めで、これが全体にマッチしていて美味しかったです。

函館のラッキーピエロもそうだけど、ファストフードのチェーン店とはやはり一足違う美味しさです。

 

本店と五番街商店街の2店舗があります。本店は車がないと行きづらいので、商店街の方がアクセスがいいと思います。

↓ 

hikari-burger.com

 

平戸城

f:id:Fukuneko:20170423122003j:image

海と山を一望

 

平戸城は、こんな所から毎日お殿様は外を眺めていたのか!という眺望でした。

いろいろな農具や器の展示もあり、昔の文化が知れて面白かったです。

 

晴れてる時の眺望はもっときれいです!

場内の庭も綺麗でした。

www.hira-shin.jp

 

雑談

夕方も冒頭の写真のななちゃんのお散歩に行きました。というかななちゃんに連れて行ってもらいました。

先導するななちゃんについて行ったのですが、1時間くらいかけて行った山奥で行き止まりにぶつかる(リアルに道が無くなった)。

困惑顔でふくねこを見るななちゃん。

 

結局同じくらいの時間をかけて戻ってきました。
おい、ななちゃんや(笑)。


夜は地元のスーパーで適当にいろいろ買って食べました。旅先のスーパーって地元のお惣菜とか売っていてワクワクします。海外でもスーパーは絶対行きます。

 

長崎県というと長崎ばかりが紹介されがちですが、佐世保は異国情緒も歴史も感じられる良い街ですので、ぜひ長崎から一足伸ばしてみてほしいです。

【カフェ オリンピック】長崎のパフェ天国でトルコライスとパフェを

f:id:Fukuneko:20170422214202j:image

 

少し前のことになりますが、3泊4日で長崎県佐世保の片田舎にある母方の実家に行ってきました。

祖母の88歳の米寿の機会に母がちょうど帰省する予定があったところ、「あんたも来ない?」ということで行ってきました。
 
因みに母はその前に高野山の宿坊にお友達と泊まり、三重の私鉄を有名にした「たま駅長」に会ってきていました。 元気で何よりです。

 

その時の長崎旅記録です。
 

カフェオリンピック

f:id:Fukuneko:20170422213252j:image

パフェ天国

 

1日目は 長崎空港へ飛び、バスで長崎市内へ。

そこで絶対に行きたかったのがカフェオリンピック。とにかくパフェの種類が多い!!

デイリーポータルZの記事で見て、いつか行きたいと思っていたお店です。

 

長崎だし行くの厳しいなーと思っていたので、この旅に絶対組みこもうと思っていました。

 

f:id:Fukuneko:20170422213637j:image

トルコライス好き

 

パフェもさることながらやはりここは長崎トルコライスも捨てがたい。

カツ、ピラフ、ナポリタン。

最高だ。

 

f:id:Fukuneko:20170422214431j:image

パフェに踊る心

 

そしてパフェです。

数あるパフェの中から「女学生の友」(確か)をチョイス。

スイカがうれしい。

 

パフェってもはやエンターテイメントですよね。

近くにあったら全種類制覇するために通ってしまいそうなお店です。

 

f:id:Fukuneko:20170422222118j:image

住所:
〒850-0853

長崎県長崎市浜町8-33 高橋呉服店ビル2F

浜町アーケードの中です

営業時間:

11:30~21:30(定休日なし)

 

眼鏡橋

f:id:Fukuneko:20170422214919j:image

前も雨だったなあ

 

眼鏡橋は大学生の時サークルの先輩後輩とレンタカー九州一周の旅で来て以来、2回目です。

橋の周辺がきれいになった気がする?

 

f:id:Fukuneko:20170422215145j:image

趣きあるアーチ型の橋

 

f:id:Fukuneko:20170422215159j:image

眼鏡!

 

松山もそうですが、歴史を感じる街並みってグッときます。

今回は行けませんでしたが、オランダ坂グラバー園も情緒がありいい雰囲気でした。

 

長崎はゆっくりお散歩したい街です。

 

歩いて長崎駅に向かっていたら、信号待ちで気のいいおっちゃんに話しかけられました。

しばらくおしゃべりしながら駅へ。

長崎は坂も優しい人も多いです。

 

長崎から佐世保のさらに奥へ

f:id:Fukuneko:20170422215929j:image

大きい時計がうれしい 

 

長崎駅からは高速バスで佐世保駅

佐世保駅では水兵さんが普通にその辺を歩いていて、駅前のスーパーで普通に買い物をしていました。

 

f:id:Fukuneko:20170422224230j:image

佐世保はJR日本最西端の駅

 

駅で待っていると、どピンクのTシャツを着ているいかつめのおじさんが改札付近に居て、派手だなぁと思っていたらうちの伯父さん。笑

 

母と一緒に車で30~40分くらいかけて実家へ。

小学校の頃から中学くらいまでほぼ毎年夏に訪れていた懐かしい場所です。

コンビニが出来てたり道がきれいになったりしていたけど、家は良くも悪くも変わらずでした。

 

f:id:Fukuneko:20170422220948j:image

猫に高まる

 

お風呂の引き戸が傾いてて閉まらなかったり床が沈み込んだり。

リアルさつきとめいの家(失礼)。

でも、落ち着く好きな家です。

 

f:id:Fukuneko:20170422220928j:image

仔猫×4。もふもふもふもふ

 

f:id:Fukuneko:20170422221039j:image

お母さんは大変ですね

 

f:id:Fukuneko:20170422221055j:image

ふ〜やれやれ

 

猫も増えていてほくほくでした(*´-`)

【滝子山(山梨県大月市)】小さな滝を見ながら登る中央線沿線登山は地味にハードだった

f:id:Fukuneko:20170421010943j:image

 

ちょうど約1年前、2016年最初の山は富士山…の見える山でした。

 

暖かい日が続き緑も鮮やかになるこの季節、山に行きたくなります。

車がないため手軽に行ける春山登山として滝子山に行くことにしました。

 

そんな2016年4月30日の登山記録です。

 

<行程>

06:35 自宅の最寄駅発

07:56 JR笹子駅

8:45 登山口

11:15 登頂

14:00 JR初狩駅

 

 

 f:id:Fukuneko:20170421065620j:image

ツツジがあちこち 

 

08:00 国道20号を山に向かって歩き始める

 

f:id:Fukuneko:20170421065717j:image

 

08:45 林道を経て登山口へ

 

f:id:Fukuneko:20170421011056j:image 

小さい滝(?)

 

09:20 道がよく分からなくなりそれっぽい沢の方へ

 

15分くらい登って「これは違う」と引き返しましたが、ずり落ちて沢にはまってしまいました。

自分を落ち着かせて潔く濡れました。

 

09:40 再び迷う(笑)

 

おじさん登山チームの行く方に行ったら違ってた…。しかもおじさんチームが通ったルートには沢があり、その沢を渡る時に石で滑って正面からこけました。


胸を強打。

豊満な女人なら骨にあたる前に当たるべきものに当たったのでしょうけれど、鎖骨の間の下あたりを岩が直撃してきました。

 

胸ポケットに携帯とかカメラ入れてなくてよかった!!!

 

 f:id:Fukuneko:20170421011122j:image

小さい滝(!)

 

09:50 気を取り直して正規ルート

斜面に沿うようにひたすら登ります。

砂地の狭いとこが滑り落ちそうで怖かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170421011142j:image

 

11:15 登頂
雪をかぶった富士山がきれいでした。


近くの大菩薩嶺もきれいに見えました。北アルプスも見えた!

 

f:id:Fukuneko:20170421011214j:image

 

朝ごはん食べずに登るというチャレンジをしてみたら、やはりパフォーマンスは悪かったですね。
山頂で空腹のところで食べたおにぎりがめちゃくちゃ美味しかったです(ちなみに当時セブンで100円セール中の梅ひじき)。

 

f:id:Fukuneko:20170421011411j:image

ザ・富士山 

 

11:45 ながめを堪能して下山

下山ルートを途中で間違え、マイナーで誰も通らない登山道から下りてしまいました。

まっすぐのところを、先に道がないように見えて先を確認せず右手の登山道に降りてしまったのです。

 

先行に1人女性が居たようで、追い付いたらその方は引き返すと言って戻られました。

 

それなりに楽しかったけど、あそこは下りに使うルートじゃないです。恐いし膝にも悪かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170421065502j:image

標識にほっとする

 

登山道が終わり、林道を誰もいないのをいいことに歌を歌いながら歩いてました。

この下り坂もけっこうきつくて息継ぎが足りなくなった(笑)

 

f:id:Fukuneko:20170421065541j:image

ふわふわ

 

地図を見ると笹子駅の方が近かったけど、初狩駅に猫さんがいるらしいとの情報で初狩駅へ向かいました。

疲れより猫!!我ながら素晴らしい猫愛。

 

f:id:Fukuneko:20170421065558j:image

きれいな薄ピンク

 

14:00 初狩駅前のローソン着

おにぎりまた食べたかったけど一個もなかった(すごくショックだった)ので、2016年最初のガリガリ君で水分と糖分を補給。

キウイ味美味しかったな。また出て欲しいです。

 

そして初狩駅に猫さんはいませんでした…。

 

f:id:Fukuneko:20170421065439j:image

 

14:41 初狩駅

家路につく。 

 

登る時の登山道が川沿いだったので、小さな滝がいくつも見れて楽しかったです。

ツツジ(?)に山桜と、目にも楽しい登山でした。

 

歩行距離:約20km

所要時間:6時間(休憩、迷子含む)

チケット詐欺に遭いかけた…アマゾンギフト券の話が出たら要注意

f:id:Fukuneko:20170419074352j:image

 

チケット詐欺に遭いかけました。

 

転売反対派のいい人かと思いきや、危うく払い損になるところでした。

 

詐欺と確定したわけではないのでその方のフルネーム(本名かは分かりませんが)を出すのは控えますが、もしかしたら同じようなことに遭う方がいらっしゃる可能性もあるので、経緯だけ記録しておこうと思います。

 

「定価、転売しない人だけ 」の言葉でファンを装う

チケットを躍起になって探していて、チケット売買や交換用の掲示板に行き着きました。

定価の3倍がザラな価格設定の中、こんな書き込みが。

 

「定価で2枚あります。転売しない人だけメールください」

 

「転売しない人だけ」の言葉に転売目的でなく本当に行けなくなったファンの方だと思いました。

ただその書き込みから既に3日経っていたので、ダメ元でメールしてみたのです。

そしたらなんと返信が来ました。

 

アマゾンギフト券での支払い指示

返信メールは次のようなものです。

こんにちは

書き込み見てくださりありがとうございます。

私は由紀と申します。

チケットは現在2枚あります。

お取引方法ですが、手渡しか郵送にて致します。

私は青森県在住ですので、手渡しの場合は
今回不参加のため青森県にて手渡しいたします。

郵送の場合はレターパックプラスにて致します。

宜しければご連絡頂けたらと思います。

短文ながらお返事待ってます。

 

まだ残ってたんだ!やったー!という気持ちになりました。

 

受け渡しはレターパックとして、代金の支払い方法について尋ねたらこんなメールが返ってきました。

 

チケット2枚かしこまりました。
私は今年から大学生なのですが、まだ口座が持っていません。
なので出来ればコンビニで売ってあるアマゾンギフト券を14360円分
購入して頂いてから、ギフト券番号教えていただければこちらで、
金額確認出来ますので、確認次第レターパックライトで発送致します。

〒036-8093 青森県弘前市城東中央5丁目(番地まで記載)
◯◯ 由紀
LINE ID z*n*4to*(一応一部隠しておきます)

 

ここで怪しいなと気付きました。

大学生で口座がないってほとんど有り得ない。

しかもアマゾンギフト券での支払いというのが違和感ありまくりです。

 

そこで、「ちょうど仕事でそちらの方に行くので受け取りに行きます。弘前駅でよろしいですか?」とメールを送ってみました。

その後返信はありません。

 

LINEもIDを検索してみたら一応出てくるものの、アイコンが拾い物っぽいどこかの広告で見た猫顔に加工した女性の画像でした。

 

この手の場合手元にチケットすら来ないわけですから、オークションで高く売っている人たちよりタチが悪いです。

(高く売ったうえにチケットを渡さないのはもっとタチが悪いですが。)

 

今回は詐欺(?)被害に遭わずに済みましたが、皆様もどうかお気を付けください。

【松山グルメ】ロープウェー商店街でおすすめのお店3選

f:id:Fukuneko:20170417071858j:image

 

猫の島青島に行くために拠点とした松山。

金曜日は朝便での滞在10分でのトンボ帰りになったため、松山市内を探索しました。

その時のロープウェー商店街での食べ歩き記録です。

 

霧の森

f:id:Fukuneko:20170417072359j:image

 

大福が有名な和菓子屋さん。

iPhoneで「霧の森大福」が予測変換で出てきました。そんなに有名なんですね。

先に松山入りしていた主人が見つけていて、一緒に行きました。

 

f:id:Fukuneko:20170417072808j:image

イートインでお茶を出していただいた

 

前情報なしで買ったら大福が冷たい!

クリームが入っているタイプでした。

 

f:id:Fukuneko:20170417073011j:image

抹茶粉たっぷり

 

f:id:Fukuneko:20170417073016j:image

間違いない

 

さすがカフェ巡りで嗅覚の鍛えられているカフェ男子セレクト。

あんこの甘さ、クリームのコク、抹茶のほろ苦さが相まってめっちゃ美味しかったです!

 

10FACTORY(テンファクトリー)

f:id:Fukuneko:20170417073312j:image

 

道後温泉などにも店舗のある10ファクトリーさんは愛媛みかんの専門店です。

お酢やコーヒーなんかもありました。

 

f:id:Fukuneko:20170417073719j:image

みかんハイボールにみかんビール

 

全部みかん。

子供の頃みかんを食べ過ぎて手を黄色くしていたのを思い出します。

 

f:id:Fukuneko:20170417074500j:image

おしゃれな店内

 

f:id:Fukuneko:20170417074506j:image

ズラーっとオレンジと黄色

 

店内はいろいろな種類のみかんジュースが並んでいました。きれい。

1本買いたいけどやっぱりお高い…笑。

 

f:id:Fukuneko:20170417120404j:image

黒ごまと抹茶

 

ジェラートを注文してカウンターでいただきました。

 

黒ごまと抹茶。ともにみかん入りです。

 

f:id:Fukuneko:20170417120546j:image

これはいいものだ

 

みかんと黒ごまとか抹茶アイスってどうなの?と思いましたがすごく合います。

新しい組み合わせ。

 

ジェラートは他にも伊予柑など10種類くらいありました。

全種類制覇の猛者求む。

 

笑姫きっちんef

f:id:Fukuneko:20170417121114j:image

 

10FACTORYのほぼ向かいにあるお店。

秘密のケンミンショーにも出たお店だそうです。

 

焼豚玉子飯」という今治名物のB級グルメが有名なお店です。

松山にあるにもかかわらず、本場今治を抑えてB-1グランプリに唯一出店が許されているお店だそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170417121314j:image

愛媛まるごと食いつくせ!

 

もともと翌日の土曜日に香川に住む友人と行く予定で、予約だけするつもりでしたが美味しそうなので入っちゃいました。

 

f:id:Fukuneko:20170417121449j:image

ハーフサイズは550円

 

明日も来るし…と控えめにしたのですが、分けてもらった鯛塩ラーメンも焼豚玉子飯もめちゃくちゃ美味しいのです。

特にラーメンのスープに感動しました。いつまでも飲んでいられる。

 

結局翌日は急遽青島に行くことにしたため、今となればあの時ちゃんとがっつり食べておけばよかったなあと思います。

本当におすすめです。

 

f:id:Fukuneko:20170417121511j:image

みきゃんちゃんの誘惑

 

しかもランチタイムのサービス(?)でなんと蛇口からみかんジュースができるとのこと。

 

f:id:Fukuneko:20170417121523j:image

夢のような光景 

 

みかんジュースは甘酸っぱく、愛媛の味がしました。

この蛇口家に欲しい。

 

蛇口からポンジュース松山空港でも

「蛇口からポンジュース」は松山空港で日にち限定で無料で体験できます(毎月第3日曜)。

4/16はたまたま2017年度最初の実施日だったようで、ラッキーでした。

 

皆様松山へお越しの際は第3日曜日付近が狙い目です!笑

 

f:id:Fukuneko:20170417121614j:image

夢、再び