読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

旅が好き。猫が好き。山が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

日清カップヌードルチリクラブを食べてみた

カップヌードルチリクラブ味が登場

f:id:Fukuneko:20170410223556j:image

辛口です

 

シンガポール風ラクサ、トムヤムクンに続くカップヌードルアジアシリーズにチリクラブが登場しました。

 

新商品が出たら試したくなる。

辛口マークの蟹に挑んでみました。

 

f:id:Fukuneko:20170410223609j:image

とりあえず全貌を見る

 

ジャケット(パッケージ写真)を見てみると、カニカマ的な具とかき玉的な具が垣間見えます。

 

スープの赤さが辛さを物語っているようです。

 

f:id:Fukuneko:20170410223632j:image

チリクラブはシンガポール代表

 

チリクラブと言えばシンガポール

シンガポールと言えばチリクラブ。

そんな関係のようです。

 

実はチリクラブ自体はシンガポールで一度食べたことがあります。

(↓④の記事後半で登場)

fukuneko.hateblo.jp

 

この時食べたチリクラブのソースが大変美味しく、 今回のカップヌードルにも期待が高まります。

 

なんせ同じく日清さんが出したシンガポール風ラクサのカップヌードルは、週に5個食べたくらい美味しかったのですから…!!

 

f:id:Fukuneko:20170410224402j:image

手がベチョベチョになったけどね

 

思った以上にピリ辛い 

f:id:Fukuneko:20170410223655j:image

いざ、実食

 

久しぶりにわくわくしながらカップヌードルを食べます。

 

わくわくしながら外装フィルムを脱がせてスタンバイ。

蓋にはチリクラブペーストが付いています。

 

f:id:Fukuneko:20170410223703j:image

Before

 

具はカニカマ、かき玉、ネギ。

お湯を入れて3分我慢したら完成です。

 

f:id:Fukuneko:20170410223708j:image

After

 

蓋の上で温められたペーストも入れて混ぜます。

 

f:id:Fukuneko:20170410223727j:image

赤々しい

 

見た目が残念になってしまうのはカップ麺の宿命です。

大事なのはここからです。そう、人もカップ麺も中身が大事。

 

…。

 

思ってたのとちょっと味が違いました。以下、箇条書きで感想を。

 

・けっこう辛い

・甘みが少ない

・これはこれで美味しい

・お昼のはるさめヌードルも同じような辛いの食べた

・ちょっと甘みが欲しい

 

f:id:Fukuneko:20170410223733j:image

この牛乳美味しかった

 

一度切りのチリクラブがたまたま甘めだったのかもしれません。

もしくはふくねこが甘いもの好きだからかもしれません。

 

でも…

甘みが欲しい…!!

 

牛乳足したらまろやかで好みの美味しさになりました。

 

リピートは微妙かな、という味。

次に食べるなら初めから甘みと牛乳を足してみたいです。

 

f:id:Fukuneko:20170410224420j:image

このパンとソースがめっちゃ美味しい 

 

ペヤング焼きそばパクチーマックスのパクチー臭がすごい

緑のペヤング現る

f:id:Fukuneko:20170406193348j:image

 

気になったけど食べてない。

食べてみたかったけどいつの間にかなくなっていた。

そんなシリーズがこちらです。

 

存在は知っていました。

ただ、なんとなく手が伸びませんでした。

 

この緑のカップ麺売り場に似つかわしくない色味…。

何よりパッケージ写真が美味しそうでない(ペヤングさんごめんなさい)。

 

f:id:Fukuneko:20170406193419j:image

麺にしょうゆも入ってるのね

 

調味料にジンジャーパウダーやえびエキス、レモン果汁にガーリックパウダー。

 これはエスニックな気配がします。

 

ちなみに製造者のまるか食品さんがある伊勢崎は伊勢崎もんじゃというB級グルメがあります。

 

数年前、18切符で川原湯温泉八ッ場ダムとか日本一短い鉄道トンネルとか見に行って温泉はしごというゴールデンコースの帰りに寄り道(というような位置関係ではないけど)したものの、駅前にお店がほとんどなく食べられずに帰ったという悔しい思い出があります…。

 

いつかあのリベンジを果たすぞ。

 

f:id:Fukuneko:20170406193430j:image

緑と赤のコントラスト

 

具はパクチーのみという至ってシンプルなもの。

ソースはチリの効いた塩気のあるタイ風焼きそばのような風味です。

 

ソースをかけて混ぜます。

 

f:id:Fukuneko:20170406193456j:image

青のりっぽい

 

パクチーは大きめのしそふりかけのようなテクスチャーです。水分で広がるかと思いきや、ちっちゃなカケラのままでした。

 

というか匂いがすごい。

 

デスク周りにパクチーテロ起こしました。

混ぜるときにパクチー片が飛ぶので匂いだけでなく物理的にもパクチーテロ

 

f:id:Fukuneko:20170406193501j:image

混ざり具合が分からない…

 

味は美味しかったです。

ただ、ただですね、心が満たされないのです。

 

お食事をした気がしない。

 

おやつにブタメンを食べたような気持ち。

ツナマヨおにぎりが支えでした。

 

パプリカとかで具と色味を加えてあったらまた違ったかもしれない。

しかしペヤングさんはペヤングさんで商品開発の過程で様々な試行錯誤がありこの形に行き着いたのでしょう。

 

これからもアグレッシブな商品を楽しみにしています。

井の頭公園の桜は5分咲き~満開に。ピークは週末か(2017年4月5日の桜)

f:id:Fukuneko:20170405212523j:plain

 

午後休で用件を済ませた後時間があったので、井の頭公園に写真を撮りに行きました。

 

平日でも人が多い!

 

f:id:Fukuneko:20170405212633j:plain

 

火曜日から暖かくなったおかげで桜が一気に開いていました。

 

場所によってはほぼ満開。

 

f:id:Fukuneko:20170405212652j:plain

 

上の写真は井の頭公園の池の南端の方の桜。

陽当たりが良いのか、ここら辺は既に満開です。

 

f:id:Fukuneko:20170405212705j:plain

 

全体的には6~7分咲きというところでしょうか。

まだまだ咲きそう。

 

お昼頃は青空の見えるいいお天気だったけど、写真を撮りに来た時にはすっかり「花曇り」でした。

春ですねえ。

 

f:id:Fukuneko:20170405212724j:plain

 

我よ我よと咲いてます。

 

f:id:Fukuneko:20170405212728j:plain

 

つぼみもまだけっこう残ってます。

 

白っぽい淡いピンクと濃いめのピンクのコントラストが優しい感じがして好きです。

 

f:id:Fukuneko:20170405212735j:plain

わさーーーー

 

降ってきそうな桜。

 

青空がバックに欲しかったなあー(笑)

 

f:id:Fukuneko:20170405212849j:plain

 

この枝はつぼみが多いですね。

明日にでも咲きそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170405212908j:plain

 

水面からだとより桜が近いので、たくさんの方が乗っていました。

 

ちなみに近くん住んでるけど一回も乗ったことないです。

 

f:id:Fukuneko:20170405212922j:plain

 

鳥さんたちもお花見していました。

 

f:id:Fukuneko:20170405213021j:plain

 

見ごたえのある場所は渋滞してます(笑)

 

ぐるーっと池のほとりを歩いていたら、猫を連れたおじちゃんが居ました。

 

f:id:Fukuneko:20170405212932j:plain

 

おとなしい黒猫さん、かと思いきやアメショ(アメリカンショートヘア)らしいです。

某宅急便の猫さんに見えるけどアメショです。

 

飼い主のおじちゃんの自慢の猫さんのようで、猫さんファミリーの解説付きの自作のカレンダーをくださいました(冷蔵庫に貼りました)。

 

f:id:Fukuneko:20170405212937j:plain

眠いんですにゃ

 

あちこちで地下アイドル的活動をしているようです。

かわいいにゃー。

 

f:id:Fukuneko:20170405220148j:image

来年の4月まで使える親切仕様

 

あと、お花見をしたいけど井の頭公園は人が多すぎて・・・というのであればジブリ美術館の裏の公園が穴場です。

 

f:id:Fukuneko:20170405212739j:plain

 

桜の数は少ないけれど、落ち着いてお花見ができます。

ローソンも近いし。

 

f:id:Fukuneko:20170405212736j:plain

 

こちらの桜ももう満開に近い咲きっぷりでした。

 

週末にまた青空と撮れたらいいなあ、と思ったら土日の天気が雨予報…。

もう少しもってくれー!!

 

【世界一周】黄熱病の予防接種の予約をしてきた@東京駅八重洲北口

f:id:Fukuneko:20170405150724j:image

 

2017年7月上旬から世界一周の旅に出ます。

そこで気になるのが予防接種。

 

ルート上に南米も含むため、黄熱病の予防接種を受けることにしました。

何でも最近、渡航に際し黄熱病の危険性がある地域を訪れる場合/危険性がある地域を訪れた後に他国へ入国する場合、イエローカード(予防接種の証明書)の提示を求められるようになってきたらしいです。

※詳細は厚労省のHPにあります。

 

黄熱病の予防接種が受けられる場所

黄熱病のワクチンを取り扱っている機関は限られています。

東京だと下記で実施しているようでした。

・東京検疫所(お台場の青海)

・日本検疫衛生協会 東京診療所(東京駅八重洲北口)

東京医科大学(西新宿)

・トラベルクリニック(早稲田)

 

大学病院は紹介状ないと初診料高いしトラベルクリニックもアクセスがイマイチだったので、お台場の東京検疫所か八重洲の東京診療所で受けることにしました。

東京検疫所は費用が1番安いのですが、予約がそうだったのと、ここもアクセスがイマイチだったので最終的に八重洲北口の東京診療所で予約しました。

 

予約は電話でもできるのですが、対面の安心感が欲しくて診療所へ直接予約の受付してもらいに行きました。

 

翌月の接種予約ができる

f:id:Fukuneko:20170405150656j:image

 

日本検疫衛生協会東京診療所は東京駅八重洲北口を出て目の前。写真の、SMBCが1階に入っているビルの3階です(2017年4月5日時点の情報)。

 

f:id:Fukuneko:20170405150704j:image 

 

ビルの左側に入り口があり、階段とエレベーターがありました。 

 

予約の受付をお願いしたら、希望日を聞かれました。

ある程度指定された日に来るものだと思ってたので一気に戸惑う。

 

黄熱病ワクチンは1回分(1アンプル?)で5人分の量になっているため5人ずつまとめて受けることになります。

そのため指定された日に受けることになるのですが、そんなに毎日打ってるとは知らなかった(笑)

ちなみに東京検疫所とかは曜日が決まってます。

 

こちらでは当月に翌月の接種受付をしているとのことでした(4月に受け付けるのは5月の接種)。

 

ただ、たまたま4月中の接種で空き枠があったので4月で予約できました。

久々の注射…ちょっと緊張します。

 

日本検疫衛生協会東京診療所

【受付時間】

月曜〜金曜  9:00〜16:30

土曜  9:00〜12:00

(12:00〜13:00は休憩)

 

黄熱病ワクチンの料金:12300円

(証明書発行料込み)

クレジットは使えないので現金のみです。

 

黄熱ワクチンの接種後は1ヶ月他のワクチンを打てない

 

黄熱病のワクチンは生ワクチンなので、安全性の面で他のワクチンを打つのに1ヵ月期間を空ける必要があります。

 

※生ワクチン:病気の原因となるウイルスや細菌(病原体)の毒性を弱めて病原性をなくしたもの。BCG(結核ワクチン)、はしか、水ぼうそうとかもこれ。毒性のない生きたワクチンを取り込むことで体内に抗体を作ります。

一方、日本脳炎やインフルエンザのワクチンは不活化ワクチンで、病原体は死滅しています。免疫を付けるのに必要な成分だけ取り出したのが不活化ワクチンです。

不活化ワクチンは数回打って免疫ができるのに対し、生ワクチンは通常1回の接種で免疫ができます。

 

ワクチンに関するサイトで調べると、生ワクチンの場合打った後まれに軽い症状が出ることがあるそうです。 

以前BCG打った後に咳が2週間くらい続いたことがあるのでちょこっと心配です。

 

他の推奨されているワクチンについても検討しましたが、ひとまず保留にして、打ちたくなったら6月に打とうと思います。

 

A型肝炎破傷風は以前メキシコに行く前に打ったのですが、経過年数的に抗体が消えてくる頃らしい…。悩む。

 

f:id:Fukuneko:20170405150741j:image

すっかり春ですね

【登山時の汗クサについて考える】着替えても臭いならいっそ止めてしまいたいぞ脇の汗

登山してるときの脇汗が半端ない

f:id:Fukuneko:20170403220738p:plain

 

山に登るのが好きです。

登っているときに見えるいろいろな景色(キノコでイってるとかではないです)、登った時の自分の足で来たぞという達成感、山頂からの景色、なんかもろもろ含めて山が好きです。

 

そんな素敵な登山ですが、毎回とあることに悩まされます。

 

f:id:Fukuneko:20170403220749p:plain

 

ふくねこは汗っかきです。

特に脇に半端ない汗をかきます。冬とか普通にしてても脇汗をかくので冷えて寒いです。

 

そんな人間(あ、ねこか)が山に登るのですから、それはそれは膨大な量の汗をかきます。

水も結構飲んでるのに、お手洗いに行く必要がないことがそれを物語っています。

こいつが毎回悩みの種なのです。

 

というのも、日帰りならまだしも縦走とか泊りになると着替えの量が限られたりします。

で、汗をかいたシャツを着ていなければならない状況も生じるのですが、これがやはり臭ってくるのです・・・。

 

f:id:Fukuneko:20170403220759p:plain

 

もちろん汗ふきシートとかも持って行くのですが、やはり汗っかきのかく汗は強力なようでして、山小屋や帰りの交通機関では自分の臭いが気になります。

この辺まだ一応女を捨ててません。

 

まあ、登山客の多い電車とかバスとか山小屋はだいたい汗臭いものなんですけどね。

(お風呂に行かず帰るときはごめんなさいと思いながら電車に乗ってます。)

 

 

それにしても汗クサって、臭うのは脇汗がメインなんですね。

てことは脇の汗をどうにかすれば臭いが軽減できるんじゃないか?と「登山 汗対策」ググってみると制汗用品がいっぱいでてきました。

 

ちっちゃくて持ち運びしやすそうで値引き率がよかったので1個お試し購入。

こんなのです→デトランスα

  

f:id:Fukuneko:20170403222822j:image

 

輸入品らしく、日本語のシールが貼ってありました。

デンマーク製とのこと。

 

余談:コーカソイド系の方は臭い脇汗を作るアポクリン腺が発達していて、ほぼワキガだそうです。だから開発が進んでるんですかね。

 

f:id:Fukuneko:20170403222830j:image

 

これ何となくR2D2っぽくないですか?

「antiperspirant」は「発汗抑制剤」という意味でした。

 

f:id:Fukuneko:20170403222833j:image

 

説明を読んでふくねこは目を疑いました・・・。

 

「One application will work for 3-5 days.」

 

3-5days!?

 

ひと塗りで3~5日効果があるという。ちょっと信じがたいです。

 

使い方はお風呂上がりとか清潔な状態で完全に乾かして塗るだけ(apply to completely dried skinて書いてありました)。

 

昨日の夜ひと塗りしてみたのですが、電車の中とか暑かったけど電車を降りてもいつもみたいに脇が汗でひんやりしなかったので効果あったのかな。

 

f:id:Fukuneko:20170403232701j:plain

汗まみれだった穂高連峰縦走 

 

次は実際の登山で脇汗のかきっぷりを試してみたいです。

その前にスノボの時に使えばよかったー!!!スノボは汗かくけどすぐ汗が冷えて寒いんですよね・・・。

 

持って行く服が限られるという点では世界一周も同じなので、汗対策に世界一周に持って行くもの候補に入れておきます。

↓ 

【デトランスα】

井の頭公園の桜は3~6分咲きでもお花見の人はいっぱいでした(2017年4月2日の桜)

f:id:Fukuneko:20170402204120j:plain

 

割とすぐ近くに住んでいるのに、2か月ぶりくらいに吉祥寺と井の頭公園に行きました。

そしてせっかく桜の季節なので、Qちゃん(PENTAX QS-1)片手に写真を撮ってきました。

 

朝9時半くらいで既にお花見のブルーシートいっぱい。寒いのにみんながんばって朝から場所取りしてるんだなあ。

その気合、尊敬に値します。

 

f:id:Fukuneko:20170402204203j:plain

 

たまたま去年の4月2日も井の頭公園に行っていて、その時の写真を見るともうほぼ満開でした。

今年はなかなかポカポカ陽気が続かないせいか、全体としては4割くらいの咲きっぷり。

 

f:id:Fukuneko:20170402204258j:plain

 

陽当たりのいい場所は勢いよく咲いてます。

そしてこういう場所にはカメラを持った人が集まっています(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170402204304j:plain

 

このほのかなピンクが好きです。

つぼみがあると赤味が入ってピンクの色合いがより強く感じられますね。

 

f:id:Fukuneko:20170402204313j:plain

 

鳥が羽を乾かしてました。

近くにいらした方が鳥の名前を言っていたけど忘れてしまった・・・。

この子たちはつがいかな?

 

f:id:Fukuneko:20170402204301j:plain

 

井の頭公園の桜のいいところは池と桜の組み合わせだと思います。

水辺の桜が水面に映えて2倍楽しめます^^

 

水辺と桜だと、目黒川とか神田川沿いの桜もきれいだったなあ。

あと、数年前に行った山形城のお堀の桜がすごくきれいでした。

 

f:id:Fukuneko:20170402204319j:plain

 

咲き始めも、満開も、散り際まできれいな桜って偉大だ。

 

f:id:Fukuneko:20170402204354j:plain

 

井の頭公園には午前とお昼頃の2回行ったのですが、10時くらいからだんだん人が増えてきて、12時過ぎくらいには遊歩道以外の部分が人で埋め尽くされていました。

 

桜がないとこにもシートを広げていて、もはやそれはピクニックじゃないかと思う方々もいらっしゃいました・・・(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170402204443j:plain

 

今年の桜は来週末がピークでしょうか。

散り際も花弁が水面を覆ってとてもきれいなので、また撮りに行きたいと思います。

 

 

f:id:Fukuneko:20170402204514j:plain

 

井の頭公園の駐車場の近くに紫のじゅうたんがあって近寄ってみたら・・・

 

f:id:Fukuneko:20170402204518j:plain

 

すみれの仲間のような花でした。

かわいい。

 

f:id:Fukuneko:20170402204524j:plain

 

だんだん彩り鮮やかな季節になってきました。

 

スノボのシーズンが終わってしまうのはさみしいけど、暖かい方が好きなのでこれからの季節が待ち遠しいです。

熱量銀行 第4話 シュウさん

f:id:Fukuneko:20170401160306j:image

 

 第1話はこちら↓

fukuneko.hateblo.jp

 

「あ、ご新規さん」

 

作業中のタブレットの画面に、ディグリードの発送指示が通知された。

 

「寒がりさんかな?暑がりさんかな?この時期の登録だとやっぱり寒がりさんかなぁ」

喋りながらも手は既に発送準備を進めている。もう慣れたものだ。

 

該当機種に対応するディグリードを保管ケースから取り出し、発送用の封筒に入れる。

専用のシールプリンタから宛名と管理用バーコード2枚が印刷されたシールを打ち出し、宛名シールはディグリードの封筒に貼る。

管理用バーコード1枚を顧客管理シートへ貼り付け、残ったもう1枚のバーコードはディグリードの出荷台帳に貼り付ける。

最後にバーコードリーダーで2つのバーコードを読み込み、貼り間違えがないこと確認したら準備OK。あとはディグリードをポストへ投函するだけ。

 

これが私の仕事。

 

去年の春、私は大学を卒業した。無職だった。

就職先が決まっていないわけではなかった。内定が決まっていた旅行会社が入社2週間前に倒産したのだ。

それを知った時、私はベトナムハノイに居た。最後になるかもしれない長期の一人旅としてベトナムを縦断していたのだ。屋台でごはんを食べてホテルに戻りWiFiをつないだ直後、お詫びと共にその嘘かと思うようなメールが届いたのだ。

格安で取った航空券は日程変更ができなかったし、今更どうしようもないという我ながらどっしりした根性で、半ばヤケになりながら残りの滞在を楽しんだ。

 

「みんなはあれからどうしたのかなあ」

ジャリジャリ固い部分とシャーベット状になった雪が入り混じった雪道を歩きながらふと思い出す。

その春入社予定であった者は私の他に3人居たが、他の内定者と連絡は取っていなかった。なんとなく自分と同じような雰囲気の子が多かったように思う。

内定者懇親会という名のオフィス見学会ちょっとした顔合わせはあったものの、「連絡先交換しましょう!」という流れは一切なかった。

 

大学時代住んでいた家は旅行前に退去住みだった。その分の家賃も旅費に充当したかったからだ。

帰国してから出社までの数日は実家に居るつもりだった。しかし『無職』というレッテルを貼られることになった自分にとってただ家に居るのはきつかった。

両親は「ゆっくり探したらいいよ」と優しく言ってくれたけれど、近所に小さい頃からの顔見知りが多い実家には居づらかった。

 

新しい部屋は既に契約していたため、今から解約しても1ヶ月分の家賃は発生してしまうとのことだった。不動産屋さんは申し訳なさそうにすみませんと言ってくれたけど、住まないのはこっちだよ、と心の中で毒づいてしまった。

「せっかくだから新しい部屋を拠点にして1ヶ月くらい向こうで就職活動するね」

と、実家を出た。幸い家具付きの部屋にしていたので、薄い布団だけ送れば生活はできた。

 

ただ、新卒社員ぽい子たちがまだ真新しいスーツとバッグで歩いているのを街中で見るとさすがにヘコんだ。私もそっち側だったのに。

そんな時出会ったのがシュウさんだった。

 

ヘコんでばかりもいられないため、一応就活イベントにも参加していた。就活サイトでも再度探し始めた。

元々例の旅行会社もようやく決まった程度の人間であり、手応えは薄かった。そこへシュウさんからのスカウトメールが届いたのだ。

そのメールは就活サイトを経由しておらず、直接私のアドレスに届いた。銀行業とのことだった。少し不思議に思ったものの、メールの内容に怪しさはなく時間だけはたっぷりあったのでとりあえず話を聞いてみようと思った。

念のため、待ち合わせは人目の多いスタバにした。

 

シュウさんは営業さんっぽい普通の、いや感じのいい人だった。ただ、会社が普通じゃなかった。

 

弊社では熱量、人の感じる温度をお預かりするサービスを行っております。銀行の温度版のようなものです。

だいたいの方はこれを初めにお話すると怪しいと引いてしまうのですが…ベンチャー企業で現在人材を募集しております。

お仕事の内容は資材の発送と顧客管理がメインです。在宅でできますので、時間の自由が利いて長く続けられるお仕事です。

弊社の社員は在宅が多く、その分経費が削減できるので家賃を全額補助しています。

 

提示された条件はそれなりに良いものだった。ボーナスは業績によるとのことだったが、月給については入社予定だった旅行会社より低いものの、家賃を払わなくてよいことを考えると遜色ない。

 

ただひとつ条件があった。それは勤務地が鳥取であること。

なんでも各地に拠点を置いていて、ちょうど鳥取に空きが出るとのことだった。仕事用の資材も既にその部屋に備え付けられているため、そこに住んで欲しいというのが条件だった。

今の部屋はもう2週間もしないうちに引き払わなければならず、私にとってとても都合のよい話だ。

 

今思い返すとものすごく怪しい話に思えるけれど、私は雇用契約書にサインした。

翌日には引っ越しの準備を始め、その次の日には鳥取の家に住み始めた。両親は驚いていたけれど、就職が決まったことに喜んでくれた。

『熱量』銀行であることは伏せておいた。

 

ポストにディグリードを投函した帰り道、ローソンで肉まんを買った。湯気がもうもうと上がる。肉まんに酢醤油が付くことに最初は戸惑ったけれど、今はこれが無いと物足りない。

 

「んー、肉まん食べてもやっぱり寒いなあ」

スマホのアプリを起動し、『お引き出し』で1℃引き出す。初めは半信半疑で詐欺に加担していたらどうしようと不安になったけれど、使ってみたら本当に『預熱』できて、すごく画期的なシステムだった。

 

鳥取の夏は思いの外暑く、その時にたっぷり熱量を貯めておけた。おかげでこんな寒い日でも快適に過ごせている。

仕事も土日祝日は基本的に発送しなくていいし、17時以降の登録は翌営業日の午前中処理に回していいことになっている(夕方以降郵便の集荷がないからだろう)。

しかも会社が用意していたのは一軒家だ。

 

「ただいまー」

ドアを開けると「ニャア」とポプラが出迎えてくれた。

「起きてきたのーごはんー?」

ポプラは引っ越して1週間くらいでコンビニのポプラの裏で拾った猫。引っ越し先が一軒家だったし、飼っていいかな…?と思ってシュウさんに聞いたら少し間があってお許しが出た。ただ、お客様からのクレームにつながるから絶対に資材の部屋に入れちゃダメだよ!と厳重注意を受けた。

 

一軒家で猫と住めて寒くも暑くもないこの暮らしは快適だった。

「この会社で良かったよぉーポプラー」

「ニャー」

 

--------------

 

※このお話はもちろんフィクションです。

 

ブログの趣旨(旅と猫と山)と全然違う使い方してますが、自分のブログだからいいのだ。

 

続く…かもしれません…笑。