読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

山女な自由人が6ヶ月で結婚した話⑨

f:id:Fukuneko:20160629011233j:plain

 

ヘアセットをしている間

 

「ごはんとか食べてていいですよ」

 

のお言葉に甘え、朝来る途中で調達した品を取り出す。

 

この日ももちろんツナマヨおにぎり。

※ふくねこはツナマヨおにぎりが大好物です。

 

反対側の更衣室では夫がタキシード(白)に着替えている。

似合う

 

ちょっと緊張してきたぞ。

 

顔と頭はプロの方に綺麗にしていただきました。

初めて(メイクリハーサルもしたけど)がっつりメイクをしてもらい、普段化粧っ気が一切ないので、塗り重ねられる様々なアイテムにキョドりました。

 

そしてヘアピン。

何本差すんじゃい、ってくらい大量のヘアピンが差し込まれました。

 

帰って頭解放したら出るわ出るわピンが。

 

ある程度準備したらリハーサルと家族写真。

 

父親と歩くの照れるな。

 

「もうみなさんほとんどいらっしゃってますよ^^」

 

とTさん。

 

ヒールのハプニングで遅れるかもって連絡くれてたM夫人、気付かずにごめん…

間に合わせてくれてありがとう!

 

 

そして式が始まりました。

 

まず夫が入場。

長く歩くのはまだ足に負担があったので、杖を使いながらでした。

 

貴族っぽいって言われてた(笑)

 

そしてふくねこ父とふくねこ入場。

緊張で笑いが込み上げてきたけど一体どんな顔で入っていってたんだろう。

みんなが笑顔で迎えてくれたのは覚えています。

ふくねこ母は神妙な顔付でしたが。

 

後から叔母に聞いたら、

「ねえちゃん、式で泣きよらんとよ(笑)」

「夜に出し切ったばい、もう何も出んとさ」

みたいな会話があり(ふくねこ母は長崎出身)、前日の夜ずっと泣いていたそうな。

 

割と放任だと思っていたけれど、やっぱり母だなあ。

 

 

父の腕を離れ夫の腕に。

 

…タキシード暑そうだねぇ(笑)

 

式ではブーケ・ブートニアの儀式というのを行いました。

 

プロポーズとして女性にブーケを渡し、Yesの代わりにブートニアという小さなブーケみたいなお花を男性の胸に差す、というもの。

ロマンチックだなあと思って取り入れました。

 

指輪の交換。

リングピローは義母が手作りしてくれました。

水色のお花の刺繍が入って可憐です。

 

f:id:Fukuneko:20160629011641j:plain

 

結婚宣言は、自分たちらしさを取り入れようと英語にし、ワンオクの歌詞を入れました(笑)。

 

退場して式は終わり。

入学式の練習軽くして本番してほっとした感じでした。

 

 

式の後は小規模な宴。

 

二人で再入場。

この時はふくねこの方はだいぶ気楽になっていました。

 

こんなもりもり食べる花嫁見たことない(笑)って言われるくらい、出されたものをほぼ完食。

だって取り置きできないって言われたんだもの・・・

 

お色直しで中座するとき、出口を間違えて厨房に入ってしまいました。

(はっもしや無意識に食べ物の方へ・・・?)

 

しかも途中で一緒に退場するはずのふくねこ母が手を離してしまい、一人で中座。

 

まあうちの家族らしい、締まらない展開です。

 

 

お色直しはカラードレスで、エメラルドグリーンに近い青。

 

こんなディズニーみたいなの着るの一生にいっぺんだなー。

 

再入場の曲をワンオクのWherever you areにしたのですが、前奏カットのお願いし忘れてちょっと失敗。

無音で入っていったみたいになってしまった。

 

あと、余興で夫がミスチルのSimpleを友人と弾き語りしてくれました。

 

「びっくりするぐらい合わへんかったwww」(本人談)

 

練習ではバッチリだったそう。

これも大好きな曲です。

 

あと、お色直しの間に自作のムービー流したのでした。

 

お互い旅のことが中心で、海外と、ふくねこは山の写真多めの構成。数少ない二人が写ってる写真を探し出して最後につなげました。

けっこう笑い声が聞こえてきてほっとしました。

 

写真撮ったり、歓談したり、ほのぼのとした時間を過ごしていましたが、「花嫁からの手紙」を読まなければならぬ時間になり、一気に再度緊張。

 

人前で話すことには仕事柄慣れつつあったけど、やっぱり緊張しました。

 

なお、声が震え気味だったのは感極まっていたわけではなく緊張からです。

 

ちなみに会社の先輩から「早めに書いとかないと前日徹夜する刃目になるから!」と忠告を受けていたので、2日前には準備してました。

大正解。

 

新郎父と新郎の挨拶でお開き、そしてお見送り。

 

あたたかい空間に包まれた1日でした。

 

 

精算で一気に現実へ\(^o^)/

 

 

そして夜に2次会。

吉祥寺のカジュアルイタリアン、Old crowさんでやらせていただきました。

 

mixiつながりのお友達中心で、100人近くのけっこうな大所帯に。

お店のキャパに少し心配があって、案の定みなさんに窮屈な思いをさせてしまって申し訳なかったです。

 

幹事をしてくれたおNさん、2次会オープニングムービー(ハイクオリティ)作ってくれたAさん始め、幹事の皆さんのおかげで無事開催できました。

 

余興で「吉祥寺クイズ」をどうしてもやりたい夫の意向の元、吉祥寺にまつわるクイズ大会をしました。

 

難易度が高かったらしく、全問正解はただ一人。すごいよTさん!

 

最後に歌三連ちゃん。

 

・Sさんによる「HANABIMr.Children)」

この方は自身のバンドのギター&ボーカルで、めちゃくちゃ歌とギターが上手いです。

最近はPop turtleというグループで出演されていて、毎回楽しいです。

奥様も素敵です♡

 

・Hさんによる「3月9日(レミオロメン)」

Hさんもバンドを率いるギター&ボーカル。時々ライブにもお邪魔しています。

ストイックな方で歌う姿に色気があります←

 

3月9日の時にはふくねこが作ったスライドショーを流しました。

夫に向けたメッセージも含んでたのに本人あんまり見てなかった(笑)

 

・夫による「The Beginning(ONE OK ROCK)」

ちょっとした小芝居を入れての熱唱。

カラオケに二人で行くこともちょいちょいあるんですが、あの熱唱は毎回尊敬に値する。

ふくねこもドレスでヘドバンしました。

 

その後にサプライズがありました。

そういうことをするタイプではなさそうだと思っていただけに、びっくり。

 

5月末の東京駅で

 

「またちゃんとするから」

 

と言いつつ色々あってなぁなぁになっていたプロポーズを、皆の前でしてくれました。

 

ムーミンのレターセットで手紙にしたものを読む。

 

出会ってから

病気になったこと

夜中に救急車で病院に行ったこと

改めてすると言っていたプロポーズをしていなかったこと・・・

 

うれしかったです。

 

うれしかったなあ。

 

最後に「以上です」ってつけてたの個人的にツボだったなあ。

 

思いがけない自体に茫然としてしまって

 

「って、あれ答えは!(笑)」

 

と周りに言われてマイクを取りました。

 

「ずっと一緒にいてください」

 

思い出すと恥ずかしいですが、何も考えずスッと出てきた言葉でした。

 

 

お見送りは吉祥寺で探した「あわ家惣兵衛」さんのかわいい動物まんじゅうとともに。

 

お店の方がとてもあたたかい方々で、ひいきにしたいお店なのですが、キラリナの地下改装に伴い一時閉店。

リラックマのおまんじゅうや豆しばのおまんじゅうもあるのでどこかで見かけたらぜひ。

 

 

その後、一旦荷物を置きに帰り3次会へ。

マスカラが落ちてめっちゃパンダ(笑)

 

とにかく幸せな1日でした。

来てくれた皆さんと、1次会2次会を仕切ってくれたりお世話をしてくれた皆さん、本当にありがとうございます。

 

 

翌日は普通に仕事で、しかも午後から外勤で説明会しなきゃいけなかったので、23時過ぎにはおいとま。

 

何はともあれ、人生の一大イベントがひとつ完了しました。

 

 

夫はしばらく反動で調子が良くなく、ふくねこも仕事漬けで新婚らしくない生活が続くという。

 

一日中顔合わせない日とかあったもんなあ。

 

まだまだスタート地点に立ったばかりの我々ですが、末永く見守っていただけると幸いです。

 

長々とお付き合いいただきありがとうございました (^−^*)

 

f:id:Fukuneko:20160629013927j:plain

 

微妙〜に後ほどもうちょっと続く予定です。