読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

穂高連峰4座歩き:北穂~涸沢~奥穂~前穂(2泊3日)③

f:id:Fukuneko:20160818192447j:plain

 1日目~2日目はこちら↓

fukuneko.hateblo.jp

fukuneko.hateblo.jp

 

3日目。

4時前に起きてゴソゴソ準備。

 

4時半くらいには外が明るくなってきていました。

 

前日から膝にちょっときてるので夜明けを待ちながら膝にテーピング。

昨日の朝から左だけしていたけど、右にもテーピングしました。

 

テーピングって意外とばかにできません。

今回、膝を傷めることはあまりなく、下山後はただただ筋肉痛だけ残りました。

 

前週の石尾根縦走では膝の痛みと違和感が1週間続いたのに。

すごいぞテーピング。

 

f:id:Fukuneko:20160818192755j:plain

 

そうこうしているうちに神々しい感じになってきました。

 

ただ、待てども待てども雲と太陽が接戦で上がってくる。

天気予報は午後から下り坂だったので、先を急ぐため5時に穂高岳山荘を後にしました。

 

f:id:Fukuneko:20160818193241j:plain

 

ああ…太陽がお目見えしたっぽいけど、岩場の西側の陰に入っちゃってるから太陽が見えない。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818193331j:plain

 

よっこいしょ。

見えた。

満足です。

 

長いハシゴと鎖場を登って奥穂高岳を目指します。

一度通った道だけど、荷物があるとしんどさが違うなあ。

 

f:id:Fukuneko:20160818193607j:plain

 

どんどん明るくなっていく。

 

昨日通った北穂高と、奥には憧れの槍ヶ岳が見えます。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818193804j:plain

 

穂高の山影とジャンダルム。

 

あのでこぼこの稜線をたどると西穂高岳に着きます。

今年の8/14に、そのルートの「ロバの耳」という箇所で滑落事故があり、亡くなられた方がいるようです。

 

明日はわが身。

山は美しくもあり厳しくもあり。

気をつけよう。

 

穂高岳山荘から奥穂までの道のりは、最初を超えてしまえば後はさほど危険箇所はありません。

 

f:id:Fukuneko:20160818194417j:plain

 

見えた見えた。

山頂の祠。

40分くらいで着きました。

 

さすが健脚パーティです。

 

f:id:Fukuneko:20160818195041j:plain

 

また来たよ。

 

空いてるうちに記念撮影を済ませました。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818195139j:plain

 

丸いのは方位台(?名前がわからない)です。

山頂側から撮ってもらいました。

 

そういえば三角点どこにあったんだろう。

 

f:id:Fukuneko:20160818195346j:plain

 

山頂付近で朝ごはん。

出発が早かったのでお弁当にしてもらいました。

 

ほう葉寿司弁当。

おかずはニシンの佃煮ととりシソ天です。

お味噌汁は自前のインスタントに、初日のそうめんの薬味で使ったネギの残りをトッピング。

ねぎだくで。

 

寿司ごはんがミッシリしていて食べきれず、半分は後でお腹が空いたときのために取っておきました。

 

 

素敵な景色に後ろ髪を引かれつつ、前穂に向かいます。

 

f:id:Fukuneko:20160818210353j:plain

 

振り返って撮る。

よくぞこんな尾根を越えてきたもんだ。

 

f:id:Fukuneko:20160818210053j:plain

 

前穂に向かう途中のコル。

 

ずーっと涸沢小屋とヒュッテ見ながら歩いてるな。

 

f:id:Fukuneko:20160818210708j:plain

 

f:id:Fukuneko:20160818210800j:plain

 

標識があるとほっとします。

 

前穂の後、ずーっと奥に見える上高地まで下るのです。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818211055j:plain

 

緑が萌える。

 

登る時に手分けした焼酎1Lやら食料やらを消費したので、少し荷物が軽くなってます。

 

でもやっぱそれなりに重い。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818211202j:plain

 

紀美子平。

 

ここにザックをデポし、アタックザックで前穂の山頂へ。

 

前穂はけっこう険しかったです。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818211736j:plain

 

25分くらいで登頂。

 

雲が湧いてきてしまいました。

おかげで諦めて下山へのためらいが薄れました。

 

紀美子平からは重太郎新道を通って下山します。

 

「新道」って何となくいいイメージですが、どSな登山道でした。

 

下るのも登るのも大変。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818212306j:plain

 

こんな傾斜をひたすらジグザグジグザグ。

 

膝にくる。

 

残ってたお弁当も途中の休憩で完食しました。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818213024j:plain

 

だいぶ下りてきました。

さすがに暑い。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818213447j:plain

 

重太郎新道名物の長ハシゴ。

 

確かに長かったです。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818213616j:plain

 

これで最後のハシゴでした。

 

途中、鎖場もけっこう通って気が抜けなかったです。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818213824j:plain

 

岳沢着。

トイレがめっちゃきれいでした。

 

上高地まであと4km!

 

ここから先もしばらく意外と急でした。

下るのはもうお腹いっぱいです。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818214126j:plain

 

岳沢名物の風穴。

 

「天然クーラー」と呼ばれています。

生き返る。

 

上高地からハイキングで来るのも良さそうですね。

 

途中、クマが出たという情報を登山者よりいただきました。

先に賑やかな韓国チームが通ったから大丈夫だろう。

 

この後ついに雨に降られました。

 

暑かったので涼しくなってよかった。

(ちょっと強がり)

 

f:id:Fukuneko:20160818214710j:plain

 

上高地着。

お疲れ様でした。

 

タクシー乗り場でタクシーに乗ったら、なんと帰りも行きと同じ運転手さんでした。

あちらは覚えてらっしゃらなかったようで、それを伝えたらえらく恐縮されてしまいました。

 

駐車場に着いたら雨は止んでいました。

 

近くの温泉でいろいろなものをきれいさっぱり洗い流し、ものすごくスッキリしました。

生まれ変わったようだ。

 

 

f:id:Fukuneko:20160818214902j:plain

 

そこで遅いお昼ごはん。

もう15時近かったです。

 

かき揚げそばと悩んで山菜そばをいただきました。

落ち着いた。

 

こうして初の穂高縦走は幕を閉じました。

素敵な景色をありがとう!

 

 

その後1週間筋肉痛が取れなかったです。

また高い山に行きたいなあ。