読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

竹富島<石垣島から船で10分の楽園>星砂探しと水牛車

石垣島に一番近い島

f:id:Fukuneko:20170125222805j:image

 

離島巡りツアーの最後は竹富島です。

石垣島から船で10分程度なので、ツアー客以外にも個人で来てる方が多かったです。

 

ツアーでは由布島から西表島に水牛車で戻った後、バスで港まで移動します。

バス暑かった…(。-∀-)

 

西表島から船で渡ること約30分。竹富島へ到着。

 

f:id:Fukuneko:20170126184036j:image

グラスボートも乗ってみたい

 

このツアーでは、船を降りたらまずバスで島内を回りました。

竹富島は標高差もほとんどないちっちゃな島なので、レンタサイクルで十分回れます。チャリで竹富島内を巡っている方もたくさんいました。

今度はふくねこもレンタサイクルで走り回ってみたいです(そして猫を探したい)。

 

f:id:Fukuneko:20170125222833p:image

Wi-Fiが使える!

 

島内はdocomoの4Gもfree Wi-Fiも使えます。

表記が英語ですが、スマホの設定がそうなっているだけで日本語で表示されます。

 

ちなみにこの猫キャラは「ピカリャー」という少しぎりぎりな名前の島の宣伝部長さんです。

 

f:id:Fukuneko:20170126211036j:plain

おなかの模様は染みじゃなく島 

 

マイクロバスに揺られて行き着いた先は、島名物「星の砂」があるカイジ浜

ここでバスを降りて、星砂と呼ばれる星型の砂探しをしました。

 

f:id:Fukuneko:20170125221043j:plain

海がめっちゃきれい

 

びっくりしたのが海の綺麗さ。

 

青い!

 

日本にこんな場所があったとは…。

北海道では吹雪いてるというのに同じ国の中でこんな光景が見れるなんて、日本も広いですよ。

 

f:id:Fukuneko:20170125222854j:image

おっとっととかプッカ食べたくなる

 

星の砂は砂と岩の間に多いらしく、手のひらをペタペタさせて、くっついた砂に星の砂があったらラッキー。

昔はもっとあったらしいですが、観光用に採ったりして減っているんだそうです。

 

星の砂は有孔虫という虫の亡骸なので、みんな必死で死骸を集めていることになる。

ちょっとおもしろい。

それにしても形が「もやしもん」に出てくる菌たちっぽい。

 

f:id:Fukuneko:20170125221748j:plain

とにかくきれい

 

カイジ浜の青さに見とれているうちに星の砂タイム終了。

またバスに乗り込み、中心地を再び水牛車で巡ります。

 

f:id:Fukuneko:20170125221211j:plain

ヤシの木陰でどんじゃらほい

 

この日はとても暑かったので(いつも暑いか)、日陰から水牛さんたちが出たがらず、すぐに車が日陰で止まりました。 

水牛の運転手さんがおしりをベシベシ叩いて合図すると、しぶしぶ歩き始め、日向は早く抜けたいらしく、スピードが上がります。

 

f:id:Fukuneko:20170125221246j:plain

駆け抜けながら撮ったシーサー

 

進めの合図で牛さんのおしりをベシベシ叩いてるわけですが、彼らは叩かれても全然痛くないんだそうです。申し訳ない気持ちになっていたので、これ聞いてほっとしました。

ただ、鼻輪をグイグイされると痛いらしく、運転手さんが前に降りて鼻輪の手綱を引こうとすると、まったく進まなかった水牛さんがすぐに歩き出しました。

すまんねぇ。 

 

f:id:Fukuneko:20170125221343j:plain

突然のおトイレ休憩

 

そんな水牛さん、出るものはどんな時でも出ます。慣れた手つきでバケツにキャッチしていました。

 

ドラクエ界では馬のふんは1ゴールドで売れますが、人間界ではふんはきちんとお片付けしないといけません。

 

f:id:Fukuneko:20170125221409j:plain

ああいいなあ、と思う光景

 

竹富島では景観を守るため、平屋の赤瓦という昔ながらの建築が義務付けられているそうです。

塀として組まれた石垣は頑丈で、空気を通すので台風でも崩れないんだそう。台風の時はコンクリの壁の方が壊れたらしい。先人の知恵ですね。

 

f:id:Fukuneko:20170125221106j:plain

この海が恋しい

 

そんな素敵な原風景と水牛さんたちとの別れを惜しみつつ、一行は船で石垣島へ戻りました。

 

石垣島の近くには与那国島波照間島小浜島、黒島など、大小の離島があるので、石垣島へ訪れたらぜひ渡ってみてください。

 

f:id:Fukuneko:20170125221522j:plain

滞在中夕日がずっときれいだった

 

f:id:Fukuneko:20170125223033j:image

月と金星が接近していたので撮ってみた