読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~山と旅と吉祥寺~

山が好き。旅が好き。猫が好き。そんな人間が各地で歩いたり食べたりした記録。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

【aiaoi(アイアオイ)】鎌倉の小さなホテルで体験した日常の非日常

吉祥寺以外

f:id:Fukuneko:20170213085947j:image

部屋ののれんが素敵過ぎた

 

「ここ泊まりに行かない?」

 

と主人が見せてくれたのは鎌倉にあるaiaoi(アイアオイ)というホテルのホームページ。とても素敵だったので、一緒に行けそうな日で予約してもらい、泊まってきました。

 

近場でホテル↓の第2弾。

fukuneko.hateblo.jp

 

看板のないホテル

f:id:Fukuneko:20170214075353j:image

夜は雪に凍えていたので朝撮った

 

鎌倉駅から江ノ電に乗って3駅、5分ほどで長谷駅に到着。雪です。寒い。

 

ふくねこは浜松町近くの職場を夕方出たのですが、戸塚あたりで吹雪いていて「まじか…(; ̄ェ ̄)」と思ってましたが長谷はそこまで降ってなくてよかった。

 

駅前に100円ショップがあったので飲み物とか飴を買ってホテルに向かいました。でもコンビニとか近くに全然見当たらなかったよ。

 

f:id:Fukuneko:20170214174603j:image

踊り場の窓辺がさりげなく素敵

 

ホテルには駅から数分で着きました。ホームページの案内どおりにすんなり到着。

看板はないけど(事前チェック済み)ホテルのある3階に上がります。

 

薄い金属の扉をおそるおそる開けるといきなりダイニングとカウンターキッチン。

カウンターの中にはホテルを切りもりしていると思われるご夫婦がいらっしゃいました。

 

f:id:Fukuneko:20170213090027j:image

いきなり目にした生活感のない生活空間

 

先に主人がチェックインしてたので、「◯井のもう一人の方です」と伝えると笑顔で「どうぞ」案内していただきました。

ダイニングエリアは土足ですが、客室エリアは靴を脱いで上がります。

 

ゲストは6室8名まで

f:id:Fukuneko:20170214075436j:image

静かである

 

aiaoiさんは客室6室、最大8名というキャパだそうです。みんなでワイワイというより個々でゆっくりという印象。

他の方居るのかな?というくらいの静けさでした。

 

お手洗いとシャワーなどの共用スペースについて説明していただき、いよいよ客室へ。

 

木の温もりを感じる空間

f:id:Fukuneko:20170214075458j:image

お部屋の名前はNami(波)

 

靴を脱いで上がった時に思ったのですが、木の感触を足の裏感じて気持ちいいです。

壁のコンクリート(?)との対比がおもしろい。

 

f:id:Fukuneko:20170214075510j:image

数少ない2人部屋 

 

ふくねこたちの部屋が「波」だからでしょうか。床の表面と継ぎ方も波のように少しうねっていました。

 

窓のカーテンは枕元に用意されているのでお好みで掛けられます(この後付けた)。

 

f:id:Fukuneko:20170213090247j:image

おしゃれだなー

 

部屋にはワークスペースが少しと、洗面台が付いていました。

洗面台も木をくり抜いたみたいなおしゃれなやつでワクワクする。

 

f:id:Fukuneko:20170214075642j:image

ウェルカムスイーツ(半分取っといてくれた)

 

1階、2階はレストラン

 f:id:Fukuneko:20170214205216j:image

こんな天気の平日だからか空いてた

 

1泊朝食付きのプランのみで夜ごはんはついていないのですが、ダイニングで注文することもできます(野菜スティックみたいなのを召し上がってる女性がいました)。

 

f:id:Fukuneko:20170214205353j:image

辛めにしたら辛かった

 

ふくねこ達は気になった2階のタイ料理屋さんへ。というか寒くて出歩く元気がありませんでした←。

風邪も引いてたので近場にお店あってよかった。

 

トイレ・シャワーは共用使用

f:id:Fukuneko:20170214075546j:image

奥に見えるのがシャワールーム

 

お手洗いとシャワールームは共用なのですが、2個ずつあるので鉢合わせることもなくストレスなく使えました。

お互いが廊下で出会うのを避けている気がする…笑。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けがあります。天然素材系のいいシャンプーでした…✨翌日サラサラになった。

 

f:id:Fukuneko:20170214075600j:image

お茶が美味しかった

 

あと、オーナー夫妻のお気に入り図書スペースがあって、1人で来てもこの本たちで楽しい時間を過ごせます。

けっこういろんなジャンルがあった気がする。

 

ここに置いてあるお茶が自由に飲めるのですが、ほうじ茶のようなお茶でとても美味しかったです。

夏は何のお茶になるのかなー。

 

みんなで食べる朝ごはん 

f:id:Fukuneko:20170214075708j:image

ダイニングエリアは22時まで

 

入り口すぐのダイニングエリアは22時まで自由に使えます。

が!ふくねこは前の夜から悪化しつつあった風邪がその夜ピークに達し、ごはん食べてシャワー浴びてから夜中タオルで頭を冷やして寝ていたのであまり様子を知らず仕舞いでした…。

シャワーから戻るとき、女性が1人大きいテーブルで本を読んでいたのをチラッと見かけました。

 

f:id:Fukuneko:20170214203513j:image

グッモーニン

 

一晩じゅう頭を冷やして頭痛はだいぶおさまりました。

天気も良くなっていて、明け方から目を覚ました主人と話をしたりしてました。

で、朝日を海に見に行ったりもしました。見よこの回復力。

 

f:id:Fukuneko:20170214203833j:image

撮られてた

 

f:id:Fukuneko:20170214203902j:image

撮ってたやつ 

 

ずいぶん横道に逸れましたが、ここで変わっているのは「朝ごはんをみんなで食べる」ということです。

 

f:id:Fukuneko:20170214075859j:image

風邪も1発で治りそうな食事 

 

「みんなで」と言ってもチェックイン時に8時か9時か選べるので、全員が揃うわけではないみたいですね。

8時のグループは主人とふくねこと雑誌に出てきそうな女性1人でした。

 

お焦げつきのごはんに優しい味付けのおかず。ふくねこの実家はちょっと濃いめの味付けでしたが、懐かしい味わいで日本を感じました。

 

あとサザエを食べたらなんか実家の味がぶわーってきました(千葉県の南の港町)。サザエはさきっちょの苦味も美味しいよ。

 

日常だけど非日常。aiaoiさんはそんな空間でした。

 

【aiaoi(アイアオイ)】

aiaoi.net

 

f:id:Fukuneko:20170214204015j:image

この鍵が個人的に胸に響く