読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

エバー航空のハローキティジェットは機内食までとことんキティちゃんでした

エバー航空ハローキティジェットに乗ってきた

f:id:Fukuneko:20170302203423j:image

 

勢いで台北に行きました。
勢い余ってキティちゃんジェットで予約しました。


キティちゃんファンではありませんが、思いの外キティちゃんジェットが良かったのでそのレポです。 

 

出だしからキティちゃん 

f:id:Fukuneko:20170302205413j:image 

チケットにキキララとマイメロ

 

羽田でチェックインしてチケットを受け取ったのですが、ここからもうキティちゃんづくしが始まっていました。

 

こんなファンシーなチケットは初めてです。

 

ちなみにエバー航空(EVA AIR)は台湾の航空会社でスターアライアンス系列なのですが、ツアーの安いチケットだったのでANAのマイル加算できませんでした。残念。 

 

機内がキティちゃん一色 

f:id:Fukuneko:20170302203235j:image

どこを見てもキティちゃん

 

シートの頭をのせるところのカバーからごみ袋までキティちゃん仕様です。

これは小さなお子さん喜ぶのではないでしょうか。

全体的にピンクの綿菓子みたいな雰囲気が広がっています。

 

あと「EVA」って見るとどうしてもエヴァンゲリオンが脳裏に浮かぶ世代です。

キティちゃんがうっすら使徒に見えてきます。

 

f:id:Fukuneko:20170302203100j:image

モニターでもキティちゃんがお出迎え 

 

座席に着くと、座席前のモニターでもキティちゃんが待っています。キキララとぐでたまも出演しました。

サンリオとコラボしてるんですね。

 

f:id:Fukuneko:20170302203200j:image

ファンシーな夢を見そう 

 

まだまだキティちゃん攻撃は続きます。

まくらカバーもキティちゃん。

 

これは恥ずかしい人は恥ずかしいかもしれない。

思春期の男の子とかおじさん世代の反応が気になります。

 

f:id:Fukuneko:20170302203215j:image

ヘッドホンの袋もキティちゃん

 

てかあれですね。

キティちゃんのあの猫耳は単なる飾りで、実際に音を拾う機能はサイドに備わっているんですかね。

 

f:id:Fukuneko:20170302203309j:image

機内誌の一冊。中身は普通のショッピングでした

 

機内食が美味しい!

f:id:Fukuneko:20170302203325j:image

奥から眺める猫2匹

 

そんなキティちゃんだらけのエバー航空キティちゃんジェットですが、機内食がとても美味しかったです。 


後方席のためメニュー選べず(?)ポークのみの提供でしたが、この豚バラ肉のチャーシュー丼みたいなのが日本人好みの味付けで、もぐもぐと美味しくいただきました。

だいたい機内食ってだいたいこんなもんだよね、と思いながら食べることが多いのですがこれは本当に美味しかった。

 

右下のごぼうサラダとハムも普通に美味しいと思える味でした。

パンもソフトだけどややハードなロールパンで、パン屋さんで売ってるパンに引けを取らない。

もう1個欲しいと思うくらいでした。

 

食器類もキティちゃんでファンシーな食卓。徹底してる!

 

f:id:Fukuneko:20170302203335j:image

カフェで出てもおかしくない

 

デザートのチョコケーキにはキティちゃんクッキーが乗っていました。

このクッキーとケーキがまた美味しい。

 

この機内食、今まで食べた中で暫定1位に躍り出ました。

 

ウーロン茶とコーヒーもいただけるのですが、コーヒーが酸味が少ないタイプですごく好みでした。

飛行機で美味しいコーヒーが飲めるとは!

(エコノミークラスユーザーの意見です。)

 

f:id:Fukuneko:20170302203347j:image

おやつのミックスナッツもキティちゃん 

 

台北までは片道4時間くらいなので、2泊3日で行っても十分回れます。

 

今回航空券とホテルのみのツアーで購入しましたが、台北(松山空港)は空港と市街が近くて便利なのでツアーじゃなくてもよかったのではと思います。

 

安い航空券とホテルで組み合わせれば別々に取っても価格があまり変わらないしホテルも自由に選べるので、辺鄙なところでなければ次回どこかに出かけるときはセルフ手配してみたいです。