読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

山が好き。旅が好き。猫が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

【台北から猫村の猴硐(ホウトン)へ】ニャー助、台湾の猫たちと触れ合う

台湾の猫村、猴硐(ホウトン)

f:id:Fukuneko:20170304233736j:plain

ゆるい

 

台北から電車で1時間ちょっとの場所に「猴硐(ホウトン)」という猫村があります。

ホウトンは九份の最寄り駅である「瑞芳(ルイファン)」のお隣駅です。

 

台北駅からホウトンまでは自動券売機でも買えます。今回十分から行ったので十分駅でホウトンまでの切符を買いました。15元。

 

f:id:Fukuneko:20170305002454j:image

画面は二人分。キャソセル

 

日本語のテプラが貼ってあったので、最近は日本人にも人気なのかもしれません。ふくねこのような猫好きの物好きがやってくるのでしょう。 

 

f:id:Fukuneko:20170305002521j:image

ひな祭りチケット

 

切符の購入ももう慣れたものです。

ちゃんと読めないけどたぶん日本の切符と同じようなことが書いてあるんだと思う。

 

十分からホウトンまでの電車の本数が少なく1時間に1本くらいなので、時刻表をあらかじめチェックしてくといいと思います。

 

f:id:Fukuneko:20170305002536j:image

中国地方にありそうな駅

 

十分からホウトンまでは20分くらいで着きます。

ホームから改札までのコンコースもすでに猫一色(歓喜)。 

 

f:id:Fukuneko:20170304232440j:plain

こんな感じでずっと続いてる

 

時々コンコース内を猫が歩いているときもあるようです。

たまらん。

 

f:id:Fukuneko:20170305004223j:plain

改札を出たらすぐ猫

 

改札を出てすぐ右手に猫が見張っている充電コーナーがありました。

このお猫様、なかなか定位置が決まらないのか5周くらい寝床をくるくる回っていました。

 

f:id:Fukuneko:20170305003620j:plain

猴硐の周辺マップ。これもゆるい

 

周辺マップがあるのですが、とりあえず「猫村」と書いてある方に向かって歩道橋を渡ると猫村に行けます。

ここ自体がキャットウォークみたいで楽しい。

 

f:id:Fukuneko:20170304233702j:plain

歩道橋を渡って猫村

 

f:id:Fukuneko:20170305231708j:plain

おもしろい造り 

 

鈴型の丸い猫の飾り(?)があちこちにいっぱいあります。

これ作るの楽しそう。かわいい。勝手に「鈴猫」と命名。

 

f:id:Fukuneko:20170305003550j:plain

フラッシュはやめてニャー 

 

何気にオッドアイの鈴猫がいました。 

歩道橋の途中にもにゃんこハウスがあったので、時間によってはそこで寝てるのかもしれません。

見てたら横を1匹の猫が駆け抜けて行きました。

高まる興奮。

 

いよいよ猫村へ足を踏み込みます。 

 

猫村に入国

f:id:Fukuneko:20170305003646j:plain

犬もいた

 

いきなりお犬様の登場。猫が多いですが犬もいます。

チェンマイもそうでしたが、基本的に郊外は放し飼いの子が多かったです。

 

 f:id:Fukuneko:20170305003838j:plain

見上げたら猫!

 

ふと上を見たらお猫様が高みの見物をしていました。

視界のどこかにたいてい猫が入ります。なんてすばらしい場所。

 

f:id:Fukuneko:20170305110728j:plain

くんくん 

 

f:id:Fukuneko:20170306220013j:plain

 あらどうも

 

茶トラ、ハチワレ、クロネコ、キジ、いろんな柄の猫様がいらしました。

長毛系はみかけなかったな。

 

f:id:Fukuneko:20170305003923j:plain

大きな猫も

 

なぜか大きな猫のオブジェが屋根の上に・・・。

ちなみにこの子、九份にもいました。

 

f:id:Fukuneko:20170305004105j:plain

どこからともなく猫

 

f:id:Fukuneko:20170304232747j:plain

キリッと写真待ちする猫

 

ニャー助、台湾猫とご対面

f:id:Fukuneko:20170304232752j:plain

鼻チョンごあいさつ

 

猫村を訪れるにあたり、ニャー助を連れてきました。

海外の猫さんとの初の触れ合い。

 

台湾の猫さんもニャー助に鼻チョンごあいさつをしてくれました。

 

f:id:Fukuneko:20170304232422j:plain

にゃんだこいつー 

 

その後は恒例の「前足ちょいちょい」。

爪が引っかかる・・・(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170306220152j:plain

ニャー助「ドキドキドキ」 

 

ごめん、ニャー助。でも猫さんたちが興味を持ってくれて生みの親はうれしいよ。

 

f:id:Fukuneko:20170304232938j:plain

にゃんだこいつー(その2) 

 

他の猫さんたちにもかまってもらいました。

ニャー助で遊んでたら他の観光客の方が集まってきて囲まれてた(そんなに人数多くないけど)。うれしはずかしニャー助。

 

f:id:Fukuneko:20170306215730j:plain

にゃんだ? 

 

f:id:Fukuneko:20170304233005j:plain

くんくん

 

だいたいの猫さんにニャー助を近づけると鼻先でくんくんしてきます。

その後は前足ちょんちょんかそっぽを向くか。

 

相性があるようですね。

 

猫神様やカフェも

f:id:Fukuneko:20170304233759j:plain

良縁の猫神様 

 

猫村の中腹辺りに猫神社がありました。

良縁・開運の招き猫です。猫は偉大だ。

 

f:id:Fukuneko:20170304233805j:plain

本物いた

 

ショーウインドウの中にリアルな猫が・・・と思ったら本物でした。すっかり溶け込んでいる。

 

f:id:Fukuneko:20170305002728j:image

これはあれですね 

 

見たことのある鈴猫がいました。

こういうの大好きです。ヒゲがないのはなぜでしょうか。 

 

f:id:Fukuneko:20170305112438j:plain

普通のカフェがもはや猫カフェ

 

高台にはカフェがありました(猫村は山の斜面にあります)。

カフェも数件あります。中にいた猫はヒーターの前でにゃんこベッドに入ってふちにあごを載せてぬくぬくしてました。

きっと格上の猫様なのだろう。

 

f:id:Fukuneko:20170304233012j:plain

共存するための適度な距離感

 

猫村の反対側は炭鉱跡

f:id:Fukuneko:20170304233604j:plain

素敵なイラスト 

 

猫村のある側と反対側には炭鉱跡の廃墟があります。 

もともとここら一帯が炭鉱だったようです。

 

f:id:Fukuneko:20170305003336j:plain

歴史を感じる

 

f:id:Fukuneko:20170305003351j:plain

昔は栄えてたんだろうなあ

 

f:id:Fukuneko:20170305003413j:plain

じゃましてごめんよ

 

廃墟の中でも猫のカップル(?)がラブラブしてました。

ホウトン駅の炭鉱跡側は広場になっているのですが、こちら側でも猫が気ままに過ごしています。

 

炭鉱跡は上からも見れるようになっています。

 

f:id:Fukuneko:20170305004843j:image

かっこいい・・・

 

f:id:Fukuneko:20170305010110j:image

楽しんだかい?

 

駅に戻ろうとしたら猫が待っていました。

全然逃げない。背中を撫でたら気持ちよさげにしてくれました。

 

ホウトンは青空猫カフェだった

ホウトンの猫たちは人に慣れているのでカメラを向けてもあまり動じません。

あと、ごはんをあげている人がたまにいますが禁止されています。

 

思ったよりも猫が少なかったなという印象ですが、ゆる~く猫と触れ合いたい人にはホウトンは心地よい場所だと思います。

 

次は九份に向かいます!

 

f:id:Fukuneko:20170305003437j:plain

ふくねこキャラっぽいの居た